多くの経営者が、日本は少子高齢化で市場が縮小していくから、商売もジリ貧だと思っているでしょう。

でも、果たして本当にそうでしょうか?

1社で市場を独占しているなら別ですが、まだまだ残っているシェアはあるでしょ?と言いたい。

そう考えれば、日本で商売したって、まだまだ伸びしろはあるはず。

日本人が一番商売しやすいのは、やっぱり日本。

日本ですら儲けられないのに、海外に出ても儲けることは難しいでしょう。

日本がダメだから海外に出るというのは、逃げているだけの場合も多い。

言い訳をせずに、目の前の商売を伸ばす方法を考えたいものです。

大好きなニトリの似鳥会長の記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-27/ONB49D6KLVR401