「Google検索は、なぜ無料で使えるのだろう?」というようなことを考えると、商売のセンスが上がります。

我々は毎日お金を使っていて、お金を払う時は一消費者なのです。

そのお金を払う時に、「相手はどうやって儲けているのだろう?」と考えるようにする。

無料で使えるサービスに出会ったときも、どこで儲けているんだろうと考える。

答えですが、Googleは主にアドワーズやアドセンスなどの広告収入で儲けています。

Googleが役立つ検索サービスである → Googleが多くの人に利用される(ユーザーが喜ぶ) → Googleに広告を載せたい人が増える → Googleの広告からたくさん集客できる(広告主が喜ぶ) → 結果として、ユーザーも広告主も喜ぶというビジネスモデルです。