「本 → 音声 → 映像」や「情報商材 → 教材 → 塾」という順に価格が上がるのが普通です。

マーケティングのセオリーとしてよく言われますが、商品の形を変えて、商品の価格を上げろということ。

矢印の右へ行くほど、お客さんが価値を感じるため、より高い金額を頂けるという理屈です。

でも、それって本当にお客さんのことを考えているんでしょうか?

本にして安く提供してあげれば、高い商品よりたくさんの人が買えますから、より多くの人が助かります。

商品の形を変えて単価を上げろという人には、そういう意識はないのでしょうか?

自己啓発ビジネスなんて、わざわざお金をもらわなくても、ブログやYouTubeで発信すればいいのでは?

やっている人は否定しませんし、勝手にすればいいと思いますが、少なくとも私は別のビジネスしたいです。