今は、「同一労働・同一賃金にしよう」という流れがありますね。

へぇ~で終わってしまう人も多いと思いますが、そうなったらどうなるか?見抜いておかないといけません。

後でこんなはずじゃなかったとか、なんか苦しいなとか思っても、そうなってからでは手遅れですからね。

同一労働・同一賃金になれば、正社員などの給料が高い人の給料は下がって、年功序列は無くなっていくでしょう。

反対に、アルバイトや派遣などの給料が低い人の給料は上がるでしょう。

良くも悪くも、賃金が平準化されていくわけです。

平等でいいじゃないか!と思う人もいるかもしれませんが、現実はサラリーマンで頑張っても給料は増えず、中間層の生活が厳しくなり、昔より貧しい生活を強いられるということになるのです。