ビジネスのROIのお話です。

ROIとは、リターン・オン・インベストメント。
難しい話は抜きにしましょう^^

簡単に言えば、
「いくらお金を使って、いくら儲かったか?」
ということです。

ビジネスでいえば、費用対効果。
投資でいえば、投資対効果。

ビジネスで、費用対効果を意識すべき理由は…
効率的にビジネスを進められるからです。

「あなたは、教材ばかり買っていませんか?」
「セミナーばかりにお金を使っていませんか?」

もちろん、教材やセミナーで学ぶことも大切。
しかし、他のことにもお金を使っているかが重要。

記事作成、サイト作成、デザイン、翻訳、
コピーライティング、広告運用…

いくら多くのことや有益なことを学んだって
ビジネスを動かすには作業的なことが必要です。

あなたは、作業にお金を使っていますか?

つまり、外注費用や、それらを仕入れるために
お金を使っているかということです。

残念ながら、教材やセミナーにお金を使っても
稼げるようにはなりません。

“作業”にもお金を使って、より早く、上手に
ビジネスを回さないといけません。

たとえば

デザイナーさんに3万円を支払って
きれいなサイトを作ってもらう。
 OR
自分で頑張って、サイトを作ってみる。

どうせ、自分でサイトを作ったって
低レベルなサイトしか作れないでしょ!?」

だったら、サッサとやめるべき。
覚える時間も無駄。

バイトでも何でもして、その3万円を貯める。
そして、お金を払ってできる人にたのむ。

間違っても、ネットビジネスでその3万円を
稼ごうとしないことが大切。

ネットビジネスより、バイトで稼ぐ方が確実。

私はよくタクシーを使います。

駅まで歩いて13分くらいですが
都内に出かける仕事の時はタクシーに乗ります。

おつりはあげちゃうので1000円です。

セミナー前に駅まで歩いて、汗をかいて
疲れてしまっては、良い仕事ができません。

駅までタクシーで行けば、汗もかかず
疲れないので、万全の状態で仕事ができます。

たった1000円でそれが可能なので
私はお金を払います。

このようにして、日常生活の中でも
費用対効果を考えるケースはたくさんあります。

時間をお金で買う。
スキルをお金で買う。
教材ばかりにお金を使わない。

“作業”または“作業を代行してくれるもの”
にお金を使っていく。

そうすれば、ビジネスが早く回ります。
早く回れば、早く稼げます。

時間やスキルを買えるなら、お金を払う。

ケチケチしない。
目先のお金ばかり見ない。

1人で、自分だけでは大したことはできません。

費用対効果を意識して、時間をお金で買う
スキルをお金で買うことをしていきましょう。

日常生活もビジネスも、半年くらい続ければ
習慣になっていくでしょう。

インフォメイク無料メルマガ

  • 22,215人が購読中(2017年1月5日)
  • ビジネス、投資、メンタルについて
  • 合計4,484ページ、合計44冊、無料レポートをプレゼント!
  • ⇒ 無料メルマガ購読はこちら