「ビジネス・商売」の記事一覧

起業家はガムシャラに動く

ビジネス・商売

起業して、自由なお金と自由な時間がほしいとか。 そういう理想は脇に置いて、起業家は最初はガムシャラに働かないといけません。 まさに寝食忘れるくらいに、心も体も時間も、仕事に捧げないといけません。 そうしないと事業は軌道に・・・

成果主義の苦痛

ビジネス・商売

成果さえ出せば認められるから、成果主義は公平だという人もいます。 しかし、本当に成果主義は良いのでしょうか? 世の中には、特に目立った成果を出せない平凡な人もいます。 そういう平凡な人でも、頑張って長い時間を働くことはで・・・

AIやロボットと勝負しない

ビジネス・商売

AIやロボットに仕事を奪われると考える人も多いですが、これは貧者の発想だと思います。 私は仕事が奪われるというより、面倒な仕事をAIやロボットがやってくれて助かると捉えています。 AIやロボットが雑務をやってくれて、人間・・・

残業が無くなったら?

ビジネス・商売

今は、「残業を無くして業務を効率化しよう」という流れがありますね。 早く帰れていいな~と思う人もいるかもしれませんが、私はもっとシビアな話になると思います。 残業が無くなるということは、残業代で稼いでいた人は残業ができな・・・

同一労働・同一賃金になったら?

ビジネス・商売

今は、「同一労働・同一賃金にしよう」という流れがありますね。 へぇ~で終わってしまう人も多いと思いますが、そうなったらどうなるか?見抜いておかないといけません。 後でこんなはずじゃなかったとか、なんか苦しいなとか思っても・・・

高額で売るという考え方

ビジネス・商売

「本 → 音声 → 映像」や「情報商材 → 教材 → 塾」という順に価格が上がるのが普通です。 マーケティングのセオリーとしてよく言われますが、商品の形を変えて、商品の価格を上げろということ。 矢印の右へ行くほど、お客さ・・・

情報を売る人の魂胆

ビジネス・商売

私が稼いだノウハウを、教材やセミナーとして数万円で売りますとか。 成長するにはメンターが必要だから、何十万円でコーチングしますとか。 ほいほいと乗っかる前に、情報を売る人の側から考えてみましょう。 お金を取っている以上、・・・

高い教材=良い教材ではない

ビジネス・商売

高い教材=良い教材、ではありません。 高いお金を払う=多くを学べる、でもありません。 何十万円もする投資セミナーと引けを取らないくらい、証券会社が開いている無料セミナーも良い内容だったりします。 何十万円もする塾や教材よ・・・

役に立つことが第一

ビジネス・商売

最初は「おっ、良いこと書いてあるな」と、思ってもらえるくらいでいいんです。 繰り返しサイトを見てもらって、そのうちサービスを利用してもらえたらいいな、くらいの気持ちで運営するといいでしょう。 今はもう、自分の儲けばかりに・・・

サイトの改善に終わりはない

ビジネス・商売

サイトは作ったら終わりではなく、ずっと改善し続けないといけません。 サイトのABテストをして、どっちがいいかをテストして改善する。 訪問者の気持ちになって、こうしたらもっと良くなるんじゃないか?と考えて改善する。 ABテ・・・

SEO対策もPPC広告もやる

ビジネス・商売

たまに、SEO対策だけでいいとか、PPC広告だけでいいとか、どちらか一方だけでいいという人がいます。 でも、私はそれは間違いだと思います。 PPC広告でも黒字になるなら、どんどん出せば、どんどん儲かる。 PPC広告で儲か・・・

Google検索はなぜ無料か?

ビジネス・商売

「Google検索は、なぜ無料で使えるのだろう?」というようなことを考えると、商売のセンスが上がります。 我々は毎日お金を使っていて、お金を払う時は一消費者なのです。 そのお金を払う時に、「相手はどうやって儲けているのだ・・・

少子高齢化なんて関係ない

ビジネス・商売

多くの経営者が、日本は少子高齢化で市場が縮小していくから、商売もジリ貧だと思っているでしょう。 でも、果たして本当にそうでしょうか? 1社で市場を独占しているなら別ですが、まだまだ残っているシェアはあるでしょ?と言いたい・・・

会社を大きくしない道もある

ビジネス・商売

うちは従業員は私1人だけですが、毎日気楽で楽しいです^^ 私は人が増えたら、人間関係で疲れちゃうと思います。 毎日決まった時間に出社するのも嫌だし、日中にジムに行けないのも嫌だし、用事がある日に遊びに行けないのも嫌。 だ・・・

サイトの表示はスマホ優先で

ビジネス・商売

サイトのアクセス解析で、Googleアナリティクスをチェックすると、今はスマホからのアクセスが7割くらい。 以前はスマホからのアクセスは5割くらいでしたが、6割、7割と、どんどん増えてきています。 今後スマホからのアクセ・・・

ページの先頭へ