「ビジネス・商売」の記事一覧(2 / 6ページ目)

社長の仕事は頭を使うこと

ビジネス・商売

社長の仕事は頭を使うことであって、体を使うことではありません。 将来を見据えて、未来がどういう流れになるか考えて、会社の方向性を考えたり、商品やサービスのアイデアを練る。それが社長の仕事。 そのアイデアに伴う体を使う労働・・・

厳しい中に根を張る

ビジネス・商売

売上が厳しい時こそ、どうしたらもっと売上が上がるか、どうしたらもっとお客さんに喜ばれるか、というアイデアを出す。 1円もお金をかけないで、売上が上がるアイデア、お客さんに喜ばれるアイデアを考えて、改善して、改善して、改善・・・

サイトのゴールは1つに絞る

ビジネス・商売

どんなサイトでもそうですが、サイトで収益を上げるには、「サイトのゴールを1つに絞る」ことが重要です。 つまり、そのサイトの目的、表向きのキャッシュポイントを1つに絞るということ。 もしサイト内に複数のキャッシュポイントが・・・

仕事が好きだと幸せだ

ビジネス・商売

仕事って、人に感謝されて、お金までもらえる。本来仕事って、とっても楽しいものなんです。 私は仕事が好きで、仕事が趣味なので、一生働くつもりです。 だから、老後とか年金とか、あんまり気にしてません。 私のやってるサイト運営・・・

ロボットで仕事はなくなるか?

ビジネス・商売

この状況でロボットが進化していけば、人間の仕事は減るでしょう。 でも、人間の仕事が全くなくなるとは思いません。 製造業などの単純労働や、金融やコンサルなどの分析系の仕事などは、ロボットがやった方が優秀なので、人間からロボ・・・

好きと仕事は関係ない

ビジネス・商売

私は、好きだから今の仕事を選んだわけではありません。 とりあえず最初は儲かりそうだからやってみて、儲かるようになったから楽しくなりました。 そのうち、人の役にも立ててうれしいなと思うようになりました。 最初は儲けたいと思・・・

メルマガを書かなくても商売できる

ビジネス・商売

メルマガを書かなくても、インターネットで売上をあげることは可能です。 個人的にはメルマガを書くより、アクセスの集まるポータルサイト、コンテンツサイトを作る方が楽だと思います。 もちろん、サイトを立ち上げるまでに優良なコン・・・

なぜメルマガを書くのか?

ビジネス・商売

私は、自社のビジネスに関する数字は、競合他社に知られたくないので出さないという考えです。 しかし、そうなると、メルマガで書く内容に信頼性がありません。 だから、メルマガを書いても意味がないと思っていたので、メルマガはお休・・・

広告費をケチらない

ビジネス・商売

10万円の広告費をかけて その広告で、売上が20万円あがるなら その広告は合格ですね。 人件費や経費などは抜いたとして その広告で10万円の利益が出ています。 「利益が出るなら、どんどん広告を打つ」 というのが私の考えで・・・

会社を大きくするか、しないか

ビジネス・商売

どんどん会社を大きくして 利益を増やすことを目標にする人。 会社は大きくしないで 自由にできる範囲で利益を増やす人。 どちらも正しいから 自分がどちらを選びたいかが大切。 会社を大きくしなくても 売上を増やす方法はたくさ・・・

コンサルで成功しない理由

ビジネス・商売

コンサルを受けて成功するとは限らない。 その理由は 「そのコンサルをしてくれる人が  成功した経営者とは限らないから」 経営で成功したいのなら 成功した経営者に聞かないといけません。 コンサルはマーケティングが多いですが・・・

コンサルをする必要はない

ビジネス・商売

「コンサルをやると儲かります」 「自分で稼いでコンサルをやりましょう」 と指南する人がいます。 でも、ビジネスで稼ぐために 必ずしもコンサルをやる必要はありません。 やりたければ、やればいいですが 必ずコンサルをやる必要・・・

インターネットで集客するには?

ビジネス・商売

インターネットで集客する秘訣は 「ひたすら役立つコンテンツを投稿する」 「ユーザーが見やすいサイトを作る」 この2つに尽きますね。 もちろん読みやすく書くのも重要です。 役立つコンテンツがたくさんあって ユーザーが見やす・・・

リアルの要素を入れる

ビジネス・商売

今の時代に、割と簡単に儲かる商売。 個人でも稼ぎやすい商売。 しかも競合他社にマネされにくい商売。 それは、インターネットで集客して 電話や対面営業などのリアルを入れる という形の商売。 マッチングビジネスや法人営業など・・・

1つの事業をやり続ける

ビジネス・商売

収入の柱を複数作る。 リスクを分散する。 1つの事業がコケても大丈夫なように。 昔流行った気がしますが(笑) 今もそういう意見が多いのでしょうか? 新規事業を立ち上げるのが好きな人は それでも良いのかもしれません。 でも・・・

仕事量と売上は比例しない

ビジネス・商売

仕事量と売上は比例しません。 サラリーマンではなく経営者の話です。 たくさんの時間を働いたからといって 自分の会社が儲かるわけではありません。 それが経営者というものです。 働く時間が1日1時間だろうと 売上が上がってい・・・

ページの先頭へ