日本国債の海外保有比率が増えている。(=海外の投資家の保有する割合が増えているということ)

海外の投資家が日本国債を売るリスクがあるから、日本国債は暴落すると主張する人も多いですよね。

でも普通に考えて、暴落するリスクが高いものを率先して「買う」人はいるでしょうか?

それに、「海外保有比率が高い=リスクが高い」とするならば、どこの国の国債も危ないということになりますね。

海外の投資家は日本の状況を冷静に見ていて、そこまで日本の未来を心配していない気がします。

だから、日本国債も日本円も世界のマーケットで買われているのではないでしょうか。

メディアの情報操作に惑わされず、実際の売買やマーケットを見た方が、正しい答えが分かることも多いのです。

日本の将来を不安に思わせて、投資商品を売りつける人が多いので注意してください。

それが何よりも大きい損失となります。