昨年12月から、今年1月まで、年末年始は
ある事情で会社がピンチだったのですが
何とか回復してきたかなと思います。

「ピンチは、チャンス!」
私の座右の銘です^^

ピンチには、成長の源があり
たくさんの気付きと感謝をくれるのです。

さて、本題へ。

少し前に、ビットコインなるものが
世間を騒がせましたね。

ビットコインの取引会社の中には
つぶれた?ところもあるとか。

私は経営者である前に、投資家ですので
これについては非常に、非常にたくさん
思うところがあるわけです。

みんな儲かるからと、すぐ飛びつきますが
まず儲ける前に、もっと「貨幣」について
しっかり学ぶ必要があるでしょう。

貨幣について、1番大切な考えは
「貨幣は信用の裏付けがあってこそ成り立つ」
ということです。

たとえば、銀行預金は、銀行がつぶれても
1,000万円までは戻ってくるとか。

戻ってくること自体はどうでもいいのですが
「人々がそう思って、安心感を持っている」
という点が重要です。

本当に保証されるかどうかは重要ではなくて
人々がそう思っている点が重要なのです。

その安心感が、信用の裏付けとなっているため
貨幣の価値がちゃんと安定しています。

では、ビットコインはどうでしょうか?

「信頼の裏付けはありますか?」
「人々は、安心感を感じていますか?」
「どこか、保証する機関はありますか?」

このような点から考えていくと
どうしてもビットコインというのは
「信頼」という点で、貨幣に劣っています。

よって、私の意見は以下の通りです。

(あくまで現時点での意見です)

・信頼の裏付けがないので、貨幣として成り立たない。
・ビットコインは、投資ではなく、投機。
・競馬やパチスロなどのギャンブルと大差ない。

ぜひ、貨幣の歴史を学んでください。
そして、賢明な投資家になってください。

インフォメイク無料メルマガ

  • 22,215人が購読中(2017年1月5日)
  • ビジネス、投資、メンタルについて
  • 合計4,484ページ、合計44冊、無料レポートをプレゼント!
  • ⇒ 無料メルマガ購読はこちら