どれだけAIやロボットが発達しても、人と接する仕事はなくならないでしょう。

人は基本的に、人と接することで自分を確認し、喜びを味わうようにできています。

技術的にはロボットで髪を切れたとしても、美容師の需要はなくならないでしょう。

エステティシャン、飲食店のホールスタッフなど、他の接客業も同様です。

機械より人間にやってほしいという気持ちは、人が人である以上なくなりません。

人間にやってほしいと思われる仕事をしていれば、AIやロボットが発達しても怖くありません。

人口減少や高齢化といった労働力不足の問題は、逆にAIやロボットが解決してくれます。

これからは、そういう時代になっていくでしょう。