1分で分かる第4次産業革命
https://news.aperza.jp/2165-2/

簡単にまとめると、こんな感じです。

第1次は19世紀のイギリス。蒸気機関の発明により、作業が「人手」から「機械」へ。

第2次は20世紀のアメリカ。電力を使うようになり、一度に多くのものが生産できるようになる。

第3次は20世紀中盤から後半。コンピュータにより、指示通りに機械が自動的に動くようになる。

第4次は21世紀。データ収集・解析技術で、機械が自ら考えて動くようになる。

もっと簡単にまとめると、こんな感じ。

・第1次産業革命=機械化

・第2次産業革命=大量生産

・第3次産業革命=自動化

・第4次産業革命=自律化??

第4次では、AI、IoT、クラウド、ビッグデータ、電子通貨、新ネルギー、シェア経済、といったものが台頭しそうです。

終末を迎えつつある第3次に対応しながら、第4次に対応していかなければなりません。

両方にきちんと対応していかなければ、企業として存続できないでしょう。

日本という国も含めて、どういう世界になるかを考えておく必要があるでしょう。