自社のサービスに思い入れがあるからこそ、何度も何度もサービスを改善していくわけです。

そうしたこだわりは、日本の場合はグレートなレベルでしょう。

しかしこだわりすぎると、アジアで苦戦している日本家電のようなことになります。

商品に凝りすぎて、機能をどんどん追加して複雑になり、価格も高くなった。

でもアジアの顧客は、機能は最低限でいいから、安い商品を望んでいた。

私も含め、自社のサービスに情熱がある人こそ、こんな失敗には気をつけたいものです。