目の前に出てきたときに対応するべきであって、時代を先取りしすぎるとダメ。

体制を整えてブームを待ち構えていると、先行投資にお金をかけすぎて、会社がつぶれることもあります。

先のことを考えるより、目の前の商売を堅実に行っていくべき。

そしてその中で、少し先を見据えて、改善や改良を繰り返していく。

今月はちゃんと売上があるのか?来月は大丈夫か?

2か月後、3か月後に売上に変わる種を、今まいておかないといけない。

5年先、10年先のことは、日々売上をあげながら、日々改善する中で考えればいいのです。