ユニクロの柳井さんのインタビュー記事で、感銘を受けた部分をまとめます。

「これまで何度も、縫製工場を持ってくれ、店舗を買ってくれと言われたが、一切買わなかった。

不動産を持ったら、もの作りで儲けるんじゃなく、不動産で儲けようとしてしまう。

本業を突き詰めないで、いろいろなことをやったり、投機に走ったりすると、会社を危うくする」

ビジネスの定説では、リスク分散のために、収入の柱を複数持ちましょうと言われています。

1つのビジネスがダメになっても、収入の柱が複数あれば、会社が存続できるという理屈です。

柳井さんの考え方は、この定説とは真逆ですね。

私も、収入の柱を増やそうとして、いろいろなビジネスや投資にチャレンジしました。

しかし、その結果は、何千万円もお金を損しただけで、逆にお金が減りました(笑)

本業に集中してから、どんどん売上も伸びていて絶好調なので、肌身に染みてこの話が分かります。

リスクを恐れて、複数の収入を持とうとするより、勇気を持って本業に集中しましょう!