お客さんのニーズを考えて、商品やサービスを開発することは大切です。

現場でお客さんの声を集めたり、アンケートを取ったりしている企業も多いでしょう。

しかし、お客さんのニーズばかり考えていると、とがったサービスが生まれません。

どこにでもあるようなサービスになり、他社と差別化されません。

他と同じようなサービスだから、どこで買っても同じだから、結局選ばれないということになります。

これを打破するには、「自分がほしいものをつくること」に尽きます。

自分の情熱やこだわりを押し付けるからこそ、他者と差別化されると言えるでしょう。

もちろん、押し付けばかりはいけませんが、そこはバランスです。

ビジネス本に書いてあることを鵜呑みにしても、商売はうまくいきません。

自社の商品やサービスに対する情熱を、今一度見直してみましょう。