毎日満員電車に揺られる生活は嫌だ。

上司や得意先から怒られるのは嫌だ。

時間や場所に縛られず、自由に働きたい。

だからサラリーマンをやめて、起業したいと思う人も多いでしょう。

でも、世の中の全員が、経営者に向いているということはありえません。

それどころか、世の中のほとんどの人は、サラリーマンに向いています。

基本的に経営者は、会社を倒産させてしまったら、全ての財産を没収されます。

そこまで会社に身も心も捧げて、自分でリスクを取れる人は多数派でしょうか?

だからこそ、大多数の人はサラリーマンに向いているのです。

悪い意味ではなく、サラリーマンは会社の歯車です。

歯車に向いているのであれば、歯車として生きた方が幸せです。

歯車として動いてくれる社員がいるからこそ、会社も回っていくのです。

これから起業する人には、逃げるためでなく、攻めるために会社を興してほしいですね。