ライバルを気にしすぎると、あまり良いことはありません。

そもそも、気にしている時点で、そのライバルに負けているのです。

ライバルを気にして勝とうとしても、劣化コピーができるだけ。

負けている部分で勝負するより、勝てる部分を探した方が得策。

自社の強みを磨いた方が、ライバルも気にならないし、売上も増えます。