お客さんに喜んでもらえたから、結果として利益が出る。

つまり利益とは、お客さんの感謝の結晶であり、託されたお金なのです。

その大切な利益を、自分の好き勝手に使ってはいけません。

節税のための無駄遣いするのも、やめたほうがいいでしょう。

利益が出ても満足せず、もっと多くの人から喜ばれようと考えるべきです。

設備投資でも、広告費でも、何でも良いですが、事業を広げるために利益を使いましょう。

今のお客さんの顧客満足度を上げるために、投資するのもよいでしょう。

もっと世間の役に立とうと思えば、自然とそういう利益の使い道になるはずです。