どんなビジネスを立ち上げるにしても、始めるまでの努力は大して変わりません。

だから、そのビジネスが長く続いてくれるほうが楽。

どうせやるなら、無くなりそうにないジャンルを選びましょう。

キャッシング(昔は金貸し)、相続、引越し、飲食店、工事、医師・・・

100年後も存在する可能性が高い分野は、少し考えれば分かるでしょう。

うちは店舗内装工事のマッチングサイトをやっています。

お店という仕事も無くならないし、工事という仕事も無くならない。

だから、時代に適応していけば、ずっと継続できると思っています。