多くの人が投資で失敗しています。
利益を出せず、損失を出します。

なぜでしょうか?

投資は機械的な作業の連続である

“経済原理”と“数字”だけを考えて投資する。

すごく深い話なので、聞いてすぐには
分からないかもしれません。

じっくり実践しながら勉強してください。

たとえば、80万円で購入して
175万円で抵当に入れられる物件なら
購入してすぐに抵当に入れる。

そうすれば、一瞬で95万円のキャッシュを
手に入れることができる。

“経済原理”と“数字”を考えて投資する
とはこういうことを言うのです。

儲かるのかな~、という不安や心配は
してはいけないのです。

経済原理”と“数字”だけを考えて
儲かるのなら投資するのです。

だから「投資は機械的な作業の連続である」

たとえば、感情が入ってしまっている投資とは
このようなことを言います。

株価がロスカットするほど下がっていないのに
怖くて売ってしまう。

もっと待てば、上がって利益が出たのに。

逆に、株価が下がり続け、将来性もない会社なのに
損をするのが怖くて塩漬けしてしまう。

早くロスカットして、キャッシュ化すべきなのに。

または、株価がどんどん上がって2倍になって
うれしくて売ってしまう。

もっと待てば、株式分割をして
さらに株価も上がってダブルで儲かったのに。

逆に、株価が上がり続け、
もっと上がると欲を出して、買値を割ってしまう。

ちゃんと利益確定をしておけば、儲かったのに。

もちろん、人間ですから感情があります。

お金が無くなったらどうしようという
不安な気持ちがあるのは当然です。

だからこそ、投資をする場合は
“余裕資金”でやらないといけません。

そうしないと、感情が入ります。

つまり、
「無くなっても生活に支障がないお金で投資する」
ということです。

多くの人が、
“儲からないと困るお金”で投資をしています。

だから儲けることができません。

“欲”や“恐怖”という感情に左右されて、
“経済原理”と“数字”だけを考えて投資する
ことができていないのです。

しかし、“余裕資金”で投資をしていれば・・・

損をすれば、自分の分析や予想が間違っていた
という勉強の材料や経験となる。

得をすれば、自分の分析や予想が合っていた
という勉強の材料や経験、自信となる。

別に、無くなっても困らないお金ですから
投資に感情が入りにくいのです。

“余裕資金”がないのであれば作りましょう。

投資はお金を“作る”ものではありません。
投資はお金を“増やす”ものです。

お金を“作る”ことはビジネスでやります。

自分で起業をしても良いでしょう。

今の時代、資本金は1円でもいいですし
個人事業なら0円です。

インターネットを利用して起業すれば
コストもかかりませんし、リスクもありません。

起業が難しければバイトをしても良いです。
投資で“増やそう”とするより堅実です。

【1】起業、バイトで、まずお金を“作る”

【2】その作った余裕資金で、
  感情を入れずに投資してお金を“増やす”

【3】お金を増やせたら“守る”