自分のお金だけ
自社の利益だけでは
なかなかビジネスは大きくなりません。

ビジネスを早く大きくしたい時や
チャンスで勝負をかけたい時には
銀行などからお金を借りるべきです。

借金というと悪いイメージや
怖いというイメージを
お持ちの方も多いかもしれません。

でも、簡単に言えば
「借りた金利以上で回せるなら借りるべき」
ということです。

こちらの記事でも書きましたので
まだ読んでいない方はご覧ください。

良い借金と悪い借金
https://infomake.jp/investment/finance/1412/

いくらかはお話しできませんが
弊社も銀行と公庫から融資を受けています。

まあまあ借りていますので^^
銀行からお金を借りるコツをシェアします!

まず、貸してくれる相手である銀行が
何を求めているかという点が重要。

銀行が求める点は主に2つ。

・借りる理由が明確なこと
・確実に返済してくれること

なので、この2点を説明するために
決算書や資料を用意します。

その上で、このように銀行に説明します。

(借りる理由)
○○○○のビジネスを
これくらいまで伸ばしたい!

(返済の確実性)
○○○○に
いくら突っ込むと
いくらの売上が上がるから
いくらの利益が出て
確実に返済できます!

いくらで集客して
いくらの利益が見込めるか?

客観的な数字やデータを出せると
銀行を説得しやすいです。

LTV(ライフタイムバリュー)を
見せることができれば完璧ですね!

あとは、情熱と誠意^^

この社長なら信用しても良いかなと
思ってもらえるかどうかです。

銀行からお金を借りるコツをまとめると・・・

「借りる理由を明確に伝え
 確実に返済できることを数字で証明し
 情熱と誠意を持ってお願いする」

ということになります。

銀行でも公庫でも、どこでも同じです。
融資を受けたい方は参考にしてください^^