あなたが、手数料貧乏にならないために。

株式投資において、分散投資は必要ですが
分散投資が良くないケースもあります。

株式投資で、分散投資をしすぎると
手数料貧乏になる可能性があるからです。

たとえば、手数料が約定代金の0.5%で
最低2,500円とします。

※買って、売って、で2回取引するので
手数料は1.0%、最低5,000円です。

ケース1

10万円で10銘柄を購入
手数料5,000円×10銘柄=5万円

全体で10%株価が上昇
100万円→110万円

10万円-5万円=利益5万円

ケース2

100万円で1銘柄を購入
手数料5,000円

10%株価が上昇
100万円→110万円

10万円-5,000円=利益95,000円

証券会社の手数料の形態によっては
このようにならないこともありますが
手数料もバカにならないので
手数料もよく考えて利益を残しましょう。

一度、購入時と売却時の手数料を
シミュレーションしてみると良いですね。

いくらずつ購入数するのが得かを計算し
それも考えて分散投資すべきです。

私は勉強するだけでなく実践しているので
身をもってこういうことを知ります。

1回実践してみると(実際に株を買う)
100回勉強するよりも身になります!

百聞は一見にしかず、でなく
「百学は一動にしかず」ですね^^

あなたも、手数料貧乏にならないように
手数料を見直してみてください!