シンガポールや香港の税金は十数%。

日本より税金が安いから
移住しようという人も多いですね。

でも、本当にそうでしょうか?

私はそこそこの金持ちレベルであれば
そんなことはないと思います。

(資産数十億円の大金持ちは例外^^)

まず、日本の税率を見てみましょう!

日本の法人税率

課税所得400万円以下:実効税率21.42%
課税所得400万円超~800万円以下:実効税率23.20%
課税所得800万円超:実効税率36.05%
※2014年10月1日~2015年3月31日開始事業年度

参照サイト
http://www.jetro.go.jp/invest/setting_up/section3/page3.html

日本の所得税率

課税所得195万円以下:5%
課税所得195万円超~330万円以下:10%
課税所得330万円超~695万円以下:20%
課税所得695万円超~900万円以下:23%
課税所得900万円超~1,800万円以下:33%
課税所得1,800万円超~4,000万円以下:40%
課税所得4,000万円超:45%
※2015年分以降

参照サイト
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

税理士ではないので
税務アドバイスはできませんが・・・

事実だけ見ると、海外と比較しても
800万円以下の法人税率(23.20%)は高くないし
900万円以下の所得税率(23%)も高くないです。

高い、高くないというのは
あくまで主観的なものですから
これでも高いと思う人もいるでしょう。

私は、税金を10%安くするために
住み慣れた日本を離れるのは嫌です。

税金を安くするために
自分の幸せを犠牲にするなんて
本末転倒だと思いますが・・・

あなたはどう思いますか?

また、日本にいたとしても
節税する方法はいくらでもあります。

たとえば、2,000万円の利益がある
法人を所有している場合。

3社に分社すれば
1社当たりの利益は800万円以下なので
税金が十数%安くなります。

それに、日本の法人税は低下傾向。

法人税率の推移(財務省)
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/corporation/082.htm

逆に、日本の所得税は増税傾向。
日・米・英の所得税率の推移(財務省)
http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/234.htm

日本の法人で資産管理していけば
決して税金は高くないと考えています。

「少しでも安い税金」と「自分の幸せ」
あなたは、どちらを選びますか?