その金を使うことで
その費用より多くの利益を得られるか?

答えがYESなら費用対効果があります。
生きたお金の使い方です。

タクシーに乗って駅まで快適に行って
その後の仕事でそれ以上の利益を生む。

近くのスーパーで割高の食品を買って
浮いた時間でお金を生む仕事をする。

目の前のお金を節約しなくても
費用対効果があるなら良いということ。