現在の社会保障制度を、団塊世代が後期高齢者になる2025年以降も、維持できると考える専門家はいないそうです。

【1】 65歳の支給開始年齢が、70歳、75歳へと引き上げられる?

【2】 受給額が、20~30%減額される?

【3】 インフレによって、相対的に金額が減る?(同じ金額を受け取っても買えるものが少なくなる)

このままでは維持できないのは確実なので、何かしらの調整はあると覚悟しておくべきでしょう。

私は一生現役で働きたいと思っていますので、引退を考えなければ特に問題ないと思います。

もちろん、高齢になれば体力的に無理なこともあると思うので、そうなる前にある程度の資産が必要です。

60歳までに、資産運用だけで暮らしていけるくらい貯めておけば、老後も安心して楽しく暮らせます。

「60歳までに金融資産の運用だけで生活する」というのを、1つの目標にすると良いでしょう。