仮想通貨という呼び名は、あまり好きではありません。

仮想通貨というか、中央銀行がデジタル通貨を発行する日も近いでしょう。

すでに欧州には、中央銀行がデジタル通貨を発行している国もあります。

もし、日銀が「デジタル円」を発行するようになり、日本円を凌駕するようになった場合。

ほとんどのギャンブル好きでない国民は、法定デジタル通貨を使うようになります。

国が保証しているわけですし、何よりレートが安定しているので安心です。

ですから、今あるほとんどの仮想通貨は、投機目的に売買されるだけになるでしょう。

本当に優れた一部の仮想通貨は、決済手段として残るかもしれませんが・・・。

仮想通貨が決済手段になることを期待して、多くの資金を投じている人は、危機感を持つべきでしょう。