飲食代を経費として、交際接待費で損金にしている経営者は多いと思います。

あらゆるものを経費で落とそうとして、必死になっている経営者も多いでしょう。

でも、「税金を払わない=利益を減らす」ということ。

黒字幅をできる限り小さくするか、赤字にするしかありません。

無駄に経費を使ったり、必要のない保険に入るため、手元資金が貯まりません。

節税のために手元資金が少なくなっては、本末転倒です。

無理に節税するより、無駄に使わず税金を払ったほうが、手元資金が多く残ります。

その国で商売をさせてもらっている以上、税金を払うのは当たり前のこと。

節税なんて考えるより、売上アップの方法を考えたほうが、よっぽど有意義です。