昨日は、投資でマクロで間違えると
取り返すのは難しいという話をしました。

マクロで間違えると取り返せない
https://infomake.jp/investment/country/403/

つまり、投資する国を間違えると
いくら投資対象や投資手法を駆使しても
勝つことが難しいいうことです。

では、投資する国をどうやって選ぶか?

私が投資する国を選ぶ基準は以下の通り。

カッコ内の理由も重要ですので
合わせて考えながら読んでくださいね。

・人口が5,000万人以上であること
(経済発展による内需が見込めるから)

・人口が増えていく国であること
(中長期で内需の拡大が見込めるから)

・人口動態で若い世代が多いこと
(若い世代は消費意欲が旺盛だから)

・国として安定していること
(紛争や内戦があると急落するから)

これら4つの基準に照らして考えると
マクロではアセアンとなります。

アフリカも魅力的ではありますが
紛争や内戦などで政情も不安定です。

2025年くらいまでは
アセアンが最も伸びると予想しており
アフリカは2030年以降と考えています。

まず、マクロで見てどこに投資するかは
アセアンに決まった。

次は、アセアンの中でどの国に投資するか
ということを選んでいきます。

これも上記の基準に照らして選びます。

カッコ内は気を付ける必要がありますが
基本的には以下の国となります。

・インドネシア
・フィリピン
・ベトナム
・ミャンマー(やや政情が不安)
・タイ(やや高齢化気味)
・シンガポール(金融中心)
・マレーシア(やや人口少なめ)

上りのエスカレーターと
下りのエスカレーターという話があります。

古き良き日本の高度経済世長期のように
伸びている国=上りのエスカレーター。

人口減少、高齢化、高税率、消費減退など
落ちている国=下りのエスカレーター。

上りのエスカレーターで投資した方が
下りのエスカレーターで投資するよりも
楽に儲かるのは誰でも分かるはずです。

あと他に必要なのは
海外投資に踏み出す勇気だけでしょう!

国全体として伸びていて
その国のETFの成績も良いようであれば
個別株でなく、ETFでも良いでしょう。