日本の年金は破たんするという件について。

増税の話題があるたびに、騒がれますよね。

結論から言うと、日本の年金は破たんしません。

というか、破たんする確率は極めて低いです。

その根拠は
リプレースメントレシオが30~40%だからです。

リプレースメントレシオとは
年金として集めたお金をどれだけ還元するか
という割合のことです。

簡単に言えば、100万円集めて
リプレースメントレシオが30~40%なら
還元額(給付額)は30~40万円ということです。

日本の年金のリプレースメントレシオは
30~40%で、世界的に見ても低くて健全です。

参考サイト
http://kaihooo.com/pension/

100万円集めて、30~40万円しか還元しないなんて
ふざけんな!!と言いたいところですが(苦笑)

それでどうやって破綻するの?ということ。

これは、年金が破たんするという情報を流して
増税の正当性を確保しているだけです。

「年金が破たんするから、増税する」
「年金が破たんするから、消費税を上げる」

これで得をするのは、国と官僚です。
日本国民は、搾られるだけ搾られます。

他の国ではありえませんが、おとなしいので
日本人は、まんまと搾り取られます(苦笑)

マスコミも官僚の飼い犬ですし(苦笑)

そもそも、消費税を社会保障に充てる時点で
考え方がおかしいのです。

社会保障の財源を考えるのなら
「社会保険料」で調整するのが当たり前。

消費税を社会保障の財源に充てている国は
世界を見ても、ほとんどありません。

世界的にも前例がない、理にかなっていない。

「年金が破たんするから、増税する」
増税のためのトリックなのです(笑)

株式会社なのに、国民健康保険と国民年金のままで
社会保険料を支払っていない会社もあります。

忘れましたが、かなりの割合だそうです。
※1人でも、株式会社なら社保の申請が必要です。

税務署と社会保険庁を統合して、番号制にすれば
このような不当な未払いはなくなります。

そうすれば、増税なんかしなくたって
これを年金の財源に充てることもできますよね!

真面目に払っている会社からすればふざけた話。
(うちはちゃんと社保を払っていますよ^^)

増税する前に、こういう取るべきところから
ちゃんと取ってほしいですね。

申告していない会社は、日本国民の義務として
社会保険庁に申告すべし(笑)