目先のお金を節約して、不便なことになるよりも
多少お金を払ってスムーズにいく方が
結果的に得をすることは多いものです。

投資家として言えば、費用対効果ということです。

遠くのスーパーに30円安い野菜を買いに行くなら
近くのスーパーに野菜を買いに行き、時間を節約する。

そのお金で買った時間で、ビジネスでお金を稼ぐ。
または、投資を学び、実践する時間に充てる。

その方が、費用対効果が高いというわけです。
目先のお金をケチって、小さな人間にならないでください。