ただ漠然と、借金という言葉を聞いたら・・・

「あなたは、どんなことを思い浮かべますか?」
「あなたは、どんな感情になりますか?」

きっと

「おー最高だぜ、素晴らしいことだぜ!」
と思う方は少ないのではないでしょうか?

それとは反対に

「なんか、後ろめたいな」
「なんか、罪悪感がある」

という方が多いのではないでしょうか?

あなたは「借金」と聞いて、どんな感情になりますか?

これから先の話を理解するために重要なので
一度を読むのをストップしてください。

そして、じっくり考えてください。
「借金」と聞いて、自分はどんな感情になるか?

・・・・・
・・・・・
・・・・・

さて、しっかり考えてくれましたか?

考えてくれた方は、続きをお読みください。

私が最近、身を持って学んだことは、
「借金」は、良くも悪くもないということ。

【経済原理と数字だけを見て、借金を怖がらない】

私のメンターに教わったことなのですが
ようやく最近、その意味が分かりました。

これだけで理解できる人は天才だと思うので^^
もう少し詳しくご説明しましょう。

経済原理と数字だけを見る

一見、難しいことのように感じてしまいますが、
学者のような難しい答えは必要ありません!

小学生でもわかります。
簡単に言えば、こういうことです。

利息3%でお金を借りる
 ↓
そのお金を20%で運用する
 ↓
17%儲かる

つまり、安い金利でお金を借りて
それ以上で運用すればお金が儲かります!

借金を怖がらない

借金で身を滅ぼす
借金まみれ

はずかしい
みっともない
情けない

多くの人が、「借金」と聞くとそのような
マイナスのイメージを浮かべるでしょう。

しかし、そもそもお金は、ただの紙切れです。
良いも悪いもありません。

受け取る人間、渡す人間の感情しだいです。

多くの人が「借金」に罪悪感を抱くのは、
「借金」をする人に悪いイメージがあるから。

たとえば、こんな風に思っていませんか?

借金をしている人は・・・

だらしない
お金の管理ができない
金遣いが荒い
堕落している
みっともない
恥ずかしい

でも、実際は違います。

世界中の上場企業の決算書を見てみてください。
借金がない会社なんて、存在しません。

(少なくとも私は知りません^^)

金融機関からお金を借りて、事業を拡大し
収益を増やしていくのは常識です。

逆に、お金を借りない会社の方が珍しい。

個人の方だと、なかなかその感覚を持つのは
難しいかもしれませんね。

個人の借金と言えば
ショッピングローン
自動車ローン
住宅ローン
が主な借金ですから。

こういう個人の借金は、よくないです。

なぜなら、これができないから。

利息3%でお金を借りる
 ↓
そのお金を20%で運用する
 ↓
17%儲かる

利息3%で借りたお金で、洋服を買って、
20%のお金を生み出しますか?

利息3%で借りたお金で、家・車を買って、
20%の資産価値が付きますか?

経済原理とは、そういうことです。

経済原理と数字を見れてこそ、投資家と言えます。

まとめ

長くなりましたので、まとめておきますね!

・借りた%以上の利益を出せる → 迷わず借りて運用する
・借りた%以上の利益を出せない・浪費 → 借りずに我慢する

ユニクロの柳井さんもおっしゃるように
ビジネスは1勝9敗。

10回中、成功するのは1回くらいのもの。

しかし、素人が立ち上げたビジネスなんて
どれくらい成功するんでしょうかね?

はなはだ疑問です。

私は、自分でビジネスをするより
他人のビジネスに投資した方が確実と考えます。

なぜなら、一流の人が経営しているビジネスを
株式という形で所有できるから。