自分で投資をするようになってから
新聞やニュースを見るようになりました。

そういう行為は昔から嫌いでしたが
やはり目的があれば出来るものですね^^

世界の流れから日本を見る、考える。

世界の流れから未来の情勢を的確に予測し
ストーリーを立てて投資していく。

投資とは、未来にほぼ確実に起きることを考えて
お金を使うことです。

ほぼ確実に起きることというのは、たとえば…

・2012年6月17日:ギリシャ再選挙
・2014年:ミャンマーがASEAN議長国に就任
・2012年7月27日~8月12日:ロンドンオリンピック
・2016年8月5日~8月21日:リオデジャネイロオリンピック
・2014年:サッカーワールドカップ(ブラジル)
・2018年:サッカーワールドカップ(ロシア)
・2022年:サッカーワールドカップ(カタール)

こういうスケジュールをしっかり押さえて
しっかり自分なりのストーリーを立てる。

そして、それを元に実際に投資していく。

さて、話を戻しましょう。

JBpressに興味深い記事がありました。

「外国人経営者は日本を去っているが、
 日本人経営者は海外に押し寄せている。」

「外国企業の買収では、日本企業は
 米国企業に次いで2番手につけている。」

日本企業に活力がなくなっているというのは
「ウソ」だという内容です。

日本はまだまだ元気です!

ただ、元気な企業や、活気のある個人は
どんどん海外に出て行っています。

日本は高齢化社会だとか、増税だとか…
ああだこうだと暗い話ばかりですが(泣)

東南アジアなどの伸びている海外で稼いで
日本に納税すればいいんじゃない?

そうしたら日本も元気になるでしょ!
と私は思っています。

企業は、日本の中だけで“ウジウジ”せず
勢いのある、伸びている所で稼ぐ。

もしくは、個人の方であれば
全体的に落ちていく日本で投資をせずに
勢いのある、伸びている所に投資する。

海外の株、債券、不動産などを買って
海外投資をやっていくということ。

もちろん、一人では不安もあるでしょう。

そういう時は、自分の先を行っている人に
教えてもらうのが一番です。

ゼロから自分でやると、無駄な失敗をして
時間がもったいないです。

特に投資の場合は、取り返しのつかない
重大な失敗をする恐れもあります。