違うと思うより
「なるほど、そういう考え方もあるよね」
と思える人でありたい。

否定するより
「なるほど、そういう意見もありますね」
と言える人でありたい。

どんな意見も反対から見ると然り。
逆の意見というものが必ずあるものです。