どん底からの成功とか、借金から億万長者とか、人はそういう成功ストーリーが大好きです。

だからこそ、そういう話をメディアで多く見かけるわけですが、私は現実は違うと思います。

そもそも、高学歴の人はどんな人で、どうやって高学歴になったかを考える必要があるでしょう。

たとえば、偏差値の高い高校や大学に入学しようと思えば、それなりの努力と行動が必要です。

コツコツと勉強し、途中で挫折しそうになっても、あきらめずに勉強を継続する。

どの塾に通うか、独学で勉強するか、自分で決断して努力していく。

過去問を解く、模試を受けるなど、合格するための戦略を考える。

そうやって、成功するための方法を考えたり、コツコツと努力していくことで、初めて合格できます。

一部の天才は別として、私も含めた凡人は、そういうステップを踏むのです。

高学歴の人は、自分で戦略を考え、コツコツと努力できる人。

だから高学歴の人は、勉強だけでなく、仕事でも、起業でも、学歴の低い人に比べて成功しやすい。

自分で考えて、コツコツ努力するというのは、何においても大切なのです。

残念ながら今までやってこなかった人は、成功したいなら、これから積み重ねていくしかありません。